Brendon Carr:「大変多くの韓国人は、友達や家族、同民族の韓国人のためなら、韓国が有利な方向にウソをつくことは韓国人としての義務だと思っているようだ。」

16 04 2007

The Marmot’s Hole でよくコメントを書いたり、投稿もしたりする在韓アメリカ人弁護士は米軍新聞、 Stars & Stripes でインタビューされて、韓国人の裁判とウソの関係についてこう語った。

言葉の壁という問題もありながら、有利になるなら、裁判においてウソの証言は文化的に問題がないと思う韓国人もいるとCarr氏が語った。「韓国の文化は我々アメリカ人のように真実を重視しない、真実に対して同じ見方をしない。友達や家族、同民族のためにウソの発言や証言をつくことを韓国社会はあまり否定しないのだ。「我々韓国人」対「彼らアメリカ人」というレベルまで来ると、大変多くの韓国人は韓国が有利な方向にウソをつくことは韓国人としての義務だと思っているようだ。ですので、自ら証言者として出てくる人たちはよくウソをいう」とCarr氏がいう。

Carr氏本人が The Lost Nomad でいうには、記者がすべての文脈を含めて彼の発言を引用したわけではないが、そういったのは事実であると言ってる。そして、同じ記事のためにインタビューに応じた韓国人弁護士も同じようなこと(裁判でも韓国人はウソをつくと)を語っていたと。

GI Koreaはこの記事を受けて、ある米兵が韓国人の青年団に暴行されて、裁判で韓国人の彼らが無罪となり、兵士が有罪となった事件とメディアの偽造について語った。

しかしCarr氏のコメントを読んで、僕は慰安婦問題を考えた。慰安婦問題は明らかに「我々韓国人」対「彼ら日本人」というような問題だ。韓国民族のためだと思って、今日いろいろと日本を訴えている人も少なくないだろう。証拠がないのに繰り返して「私は日本政府に拉致された」と証言する、しかも証言する度に内容が違う元慰安婦の中に、「事実はともかく、韓国の名を挙げて日本を訴えてやる」と思っている人もいるのではないか。慰安婦問題などを裁判で決めるべきだと思う。なぜなら、裁判では証拠なしの証言はただの噂話以上に扱われないからだ。ブログという民団裁判のおいてはそうじゃない。

不思議なことに、 The Marmot は Carr氏のコメントに関して無口だ。韓国最大の英文ブログとしてはとってもビッグなストリーなのに黙るとは一体なんでしょう。「隠れ反日」という説が強まってきた。

広告




VANK:世界飢餓問題よりまずは韓国!

24 03 2007

今回韓国の有名なサイバーテロ団体VANK熱くなっているのは国連の事実寄り地図である。日本海のことを正しく「日本海」と表記した上で、いくつかの田舎町のローマ字の間違えがあったという。

世界が認める日本海が正しく表記されて騒ぐのはVANKならでの話ですが、チーフのPark Gi-taeのある発言には特に注目が集まっている。

自ら目指している「世界飢餓問題」解決に成功する前には、まずFOA(国際連合食糧農業機関)は韓国への錯誤を更正すべきである。

Nomadのコメンタリーがベストだと思う。

誰だって知っているように、韓国より大切なのは一つもないっしょ(皮肉)。それより、韓国の人々は飢餓問題の大切さをどう思うか知っているでしょう。例えば軍事境界線の向こうで餓死している人のこと。確かに目を通せばローマ字表記の誤りは防げただろうけど、もし俺がFAOで仕事をし、パクさんの言ったことを読んだら、直ぐに地図を更正する。ばかでかい赤い文字で、永遠に「日本海」と表記するように。

僕もそう思う。