中国にて日本の戦争犯罪に対してデモを

1 06 2007

Chinese Protest Japan War Crimes [BBC]

中国北京で数十人が日本の第2時世界大戦の戦争犯罪を批判するデモンストレーションを行った。

約三十人が日本大使館の前でデモを行った。

このようなデモは中国では珍しいが、かつて日本の中国人に対する罪を批判する物なら許されている。

木曜日のデモのテーマとなったのは、大日本帝国統治中で行った中国人の労働、彼らがいうには「奴隷」だった。

デモを行った人々は事前に中国政府に申請したという。

犠牲者の弁護士、Kang Jianは日本の裁判が1972年の日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明を理由に元労働者は賠償金を求める権利がないという判決を下したことを機にデモを行ったという。

突然過ぎて、何とも言えない。法的に日本は戦争の責任を満たしている(というか、戦争に負けること自体は戦争責任を満たすわけじゃないの?)が、国営ニセディズニーランドを造る中国には法律なんか通用しないから、仕方がないよね。


操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。